■ 色のない柵で作られた檻 feat.波音リツ

DL

    → +VSQセット.zip

コメント

りっちゃんの公式衣装は喪服が元になっている、と聞いて出来上がった墓参りの歌です。
和風にしたかったんですが…和風ってなんだろう。
とりあえず太鼓と三味線なのです。

りっちゃんは連続音ver1.5。ちょっとだけ強音源。
コーラスはキヨテル先生にお願いしました。

曲名の「色のない」は「透明な」「目に見えない(でもそこにある)」という意味です。
それはある所を囲むただの柵でしかないのだけれど、一種の人たちにとっては檻にも等しい境界である、と。

無関係な人が無意味に祈ったところで、あちらには届かないだろう。
けれど、きっかけは何であれ多少なりともあちらの人の心に触れた後ならば、
この祈りもきっとあちらへ届くだろう、という歌です。

----- ----- ----- ----- -----

曲作りもUTAUも動画も、すべて不慣れな状態で作り上げました。
りっちゃんの声がすっごくオケに埋もれるんだけどどうしよう?!とか
先生の声がやたら主張してくるんだけど、どうやって抑えれば?!とか
midiでは違和感なかったハイハットが何か変…もういいよ!音下げるよ!とか
そういえば動画ってどうやって作るんだろう、とか
…「踏めない大地と手のとどく空」ほどではなかったですが、それでも初心者。いろいろ苦戦しながら作りました。
自分で作った曲を人様に聞かせるのは初めてで、「祭りは参加することに意義があるんだ!」と自分に言い聞かせつつgkbrでうp。
ちゃんと形になってくれてなによりでした。

歌詞

手には花束 真白い香りを漂わせ
ざわめく木々と風と 靴底の軋む音だけ

この小路歩く足跡が 獣に紛れて消えるよう
はんなり変わる景色と星明かり 真黒な影とすれ違う

ぽつぽつ灯りが 列なし群れなす
たんたん人影 一二三、狐様指折る

色のない柵が檻作る 囲いに真白な花を
近く遠く、影と声は知らない 祈り手、意識に届くよう

さわれない檻が拒んでる 近づく貴方はどちら?
高く低く、ふれた心纏って 小さなあの子が駆けてった


この囲い阻む祈りの手 光も風も通れない
揺らめきひそむ満月と陽の明かり 真黒に覆い隠している

ぽつぽつ紅い花 咲き乱れ群れなす
愛でる人もなく ひとり、踵返し立ち去るの

後ろ髪をねえ、ひかないで 絡んで捕らわれるから
もうここには留まらないアタシに 縋るその声はらう


奏でる音色、神風 色づいた世界、黄金色
一時の夢でいいから

色のない柵が檻作る 囲いに真白な花を
近く遠く、影と声を知ってる 祈り手、意識に届くはず

色のない柵が檻作る 容易く壊れる柵で
重く軽い、この旋律響けば ざわめく風音だけ

動画